てといと

  • ロングコートが重く感じたので、裾を20cmカットしてステッチを加えました また、サイドにスリットを入れて軽やかにしてみました

    あおい
  • 洋裁教室標本用昭和レトロなコートです。 このパターンで、生徒さんは既に一重のコート完成されています。 ファンシーツイードはほつれやすいので、手かがりのボタンホールも好きですが、業務用刺繍ミシンで。

    縫い工房
  • 7

    ウールのフーデットコート

    さくらはは
  • ゆうつべ 動画を見ながら作りました。初コートになります。

    花 
  • ライナーの生地が見つからず、裏が生成色のキルティングを黒で染めました。息子用に作ったけど袖ぐりが窮屈との事で自分で着てます。

    soracchi53
  • ウール地が残ってたので、コートを縫ってみました。 裏地のパターンは無かったので、自分で作りました。

    キミ
  • 一昨年作図して、去年ボタンホールとボタンホールだけ残して縫い、今年仕上げて着るシルクのコート。 2㎝のシェルボタンは、2種類を交互に付けました。 どうしてこんなに大きな襟にしたのか?一昨年の作図が理解できない今年の私です。 洋裁教室の生徒さんには、パターンをお貸ししています。

    縫い工房
  • 長女の通学用キルティングフードコートです。 今回は「縫い代の美しい始末」がテーマだったので初めて折り伏せ縫いをしましたが、なるほどー!ととても勉強になりました。 また、作り方では「メートライン」「バイピングコード」を使うことになってましたが実店舗での扱いがなく、全てバイアステープで代用しました。 長い長い距離をしつけをしてからバイアスするのが少し大変でしたが、お陰で綺麗にできました。

    あゆじん
  • 切りしつけもせず、感覚で縫いました。厚みがあるので、ロックかかるかと心配でしたが、大丈夫でした。 1枚仕立てですが、暖かい一着になりました

    hiroto
  • 高2双子boy用のピーコートを縫いました。 パターンメーキング、裁断、芯貼りの後年末に入ってしまったため、年をまたいでの完成となりました。 本人曰く 「うわあ、かっけ~♪GUと全然違う!」 そして、ハーゲンダッツのグリーンティーをぽろっとくれました。 リアルモデル着用写真が撮影出来たら、ご紹介します。 レディスボディ9ARのO橋君着用写真です。

    縫い工房
  • ウール混の表地にマイクロファーの裏地を付けてどんでんで縫いました。フードに耳を付けてみました。

    えみんご
  • はじめて作ったアウターです。 表生地はリバティのホーキンスブライス。裏は近所の手芸屋さんでかったスーパープレミアムシープボアです。

    Erika
  • 13

    スタイルブックを参考に、コート作りに挑戦です。 総裏のハーフコート!ボタンの代わりにスナップボタンを使用。

    わくこ
  • 子供とお揃いのコートを作りました

    fumio
  • ボアの毛流れで表地が流されないように気をつけました

    fumio
  • ヘリンボーンツイードで、テーラードカラー・ラグランスリーブの自分用コートを新調しました。 好きなデザイン・好みのサイズ感でオリジナルパターンで制作。

    縫い工房