てといと

  • ハロウィンの柄だけど、普段も着られるようなデザインにしました。黒い縁取りのストレッチレースを使ってはっきりとした印象に仕上げました。柔らかい生地なので着心地は良いと思いおます。

    にこ
  • うちの猫のために、ベッドを作りました。

    かたこり
  • 法被の型紙から展開させて制作しました。

  • もうひとつの浴衣と同様

  • 基本の型紙で試作してみて、袖ぐりを少しつけることで形を整えました。生地が大人しめだったので帯を華やかにしています。

  • 我が家のわんちゃんはポメックスなので、胴長にサイズ調整しました。

    chie
  • 愛犬をいつも身近に感じていたくて、まず、ブラウス(市販品)と携帯ポシェット(手作り)にミシン刺繍しました。

    グッドなドッグ
  • 手の平サイズのワンコを制作しました。 パターンはオリジナルです。

    くまの散歩道
  • にぼしです。 ねこのテントの表札代わりに作りました。 良いダシ出そうな仕上がりになって良かったです。ねこは見向きもしてくれませんでした。

    いとま
  • 8

    飼い鳥の三角テントを新調する。

    スミレ
  • 布で作る時の型紙に合わせて適当に編みました。首のところを もう少し長くした方が良かったかも^^;

    chie
  • わんこのハロウィン用パッチン留め作りました。 実は最初はカボチャに直にパッチンパーツを縫い付けたのですが、厚みがあり過ぎて装着がしずらかったので、リボンに金具、カボチャと二つに分けてマジックテープで合体させるという荒技に出ました(笑) でもカボチャの顔の向きが自在になるので、これはこれでアリかも(笑)

    くるみママ
  • 猫ちゃんとワンちゃんのあみぐるみをプレゼント。 猫ちゃんの表情と、ワンちゃんの表情、体形の違い、雰囲気などが出るように編んでみました。 ペットと暮らすかけがえのない時間そのものが、あみぐるみの中に編み込まれていたら嬉しいです。

    もんぱぴ
  • 12

    リアルなフクロウを制作中。 猫のあみぐるみを編んでいたら、友だちに「フクロウも編めるんじゃない?」と言われて作り始めました。 思った以上にリアルな感じにできそうです。 画像でフクロウをよく観察すると、ほんとに可愛くて、フクロウも好きになりました。

    もんぱぴ
    クリエイター インタビュー
  • シベリアンハスキーの兄弟を制作しました。 歴代のワンちゃんのそれぞれの特徴、体格をあみぐるみに反映。 あみぐるみとして家族が揃って、とっても嬉しいとご感想をいただいています。 かぎ針の号数は編むパーツによって変えています。 毛色も数種類の糸をブレンドして植え込んでいます。

    もんぱぴ
  • 水で濡らせるニット生地。 柴犬仲良しムギちゃんから頼まれて作りました。

    kutan
  • 暑くなったので、保冷剤入れれるようにクールネック作りました。 水で濡らして振ってから保冷剤入れると冷え冷え感が増します。 バックルで、首回り調節できます。

    kutan
  • わんこサークルのイベントでパイナップル帽子を編む事になり制作(笑) 3Dブロック編みという編み方で、パイナップルのデコボコ感を出し、葉っぱは重さを考えてフェルトを縫い付けました。

    くるみママ
  • 昨年天使になった我が家のわんこ用に、お盆のお飾り編んでみました。 ハスの葉代わりにグリーンでパウコースターも。 とっても小さいサイズなので、メモリアルコーナーでも他物の邪魔をせず飾れます。

    くるみママ
  • 2018年の作品です。姪っ子の結婚式に作った羊毛フェルトのwelcomeDollです。姪っ子の家で飼っていたジャックラッセルテリアが結婚式前に亡くなってしまい、大変可愛がっていた為作ってプレゼントしました。

    エピガール