てといと

  • てといとSTYLE
1ヶ月
作品説明
【メルマガ100号記念企画】
メルマガ連動企画の、作りてさんからの皆さんへの質問です。
気軽にコメントしてくださいね!
種類 その他編み物
使用糸 ーーー
糸使用量 ーーー
ゲージ ーーー
仕上がりサイズ ーーー
その他材料 ーーー
費用 ーーー
その他のシーン
ヘルプコメント
<Q4>これまでで一番お金がかかった作品、一番安く仕上がった作品は何ですか?
+ もっと見る

製作記録

日付

2021/11/05

「全てに徹底的にこだわって気が付けばかなりの金額に…」というような作品や、「ほぼ材料費はかからずにこんなものが!」などなど、皆さんの経験談をお聞かせください。

+ もっと見る
ニットデモッテ
クリエイター インタビュー
1ヶ月

一番費用がかかったのはモヘアニットコンテストに出品した時の作品です。
光沢のあるモヘアの毛糸の他に異素材の糸や装飾用のビーズ・ボタンなどを部分的に使用したためです。自分としては斬新なデザインのベストが出来上がりました。

sachi
1ヶ月

元々あまりお金をかけずに色々作っているのですが、
材料がすべて貰い物で、足りなくなったしつけ糸以外家にあったもので作ったのが、
こちらでも紹介したランチバックです。

土台はビールの入っていたバック、
外側は服を買ったときのおまけのトートバック。
と材料費はほぼ0円。
通勤時のお弁当とコーヒーとお茶を入れて、保冷剤も入るしとても重宝しています。

1 件の返信 最終返信:1ヶ月前
てといと
1ヶ月

sachiさん、コメントありがとうございます。
家にあるものやいただいたもので、上手に作られていましたね!
必要な機能を全部盛り込めるのは、ハンドメイドならでは。
とても重宝されているとのこと、「やった!」という感じですね~。

ウミウサギ。
1ヶ月

これまでに一番お金がかかっているのは、現在製作中のモヘア糸のポンチョでしょうか……かれこれ5玉は使っている気がします。あと3玉くらいあります。
シュシュは百均の材料で作れるのでものすごい安上がりです。単色だと毛糸代とゴム代合わせて100円もしないんじゃないかなぁ。

一週間以上

一番かかったのは、ドン小西さんがデザインした、
ビートたけしさんが着ていたセーターのキットです。
30年近く前ですが、3万円以上しました。

安かったのは、グループホームに入った親友のお母さんがためていた
毛糸を引き取り、膝掛け(作品を登録しました。)です。

1 件の返信 最終返信:一週間以上前
てといと
一週間以上

玲さん、コメントありがとうございます。
ドン小西、ビートたけし、、、というワードだけで興味津々ですね!
確かに、ビートたけしは派手なセーターを着ていた時期があったように思います。
キットもあったのですね。

ひざ掛けは、ダブルニッティングのものですね。
温かい毛糸のご縁で、喜ばれたでしょうね~。

ゆちぞぅ
一週間以上

今までに1番かかったのは、エプロンドレスへの刺繍ですかね。
まず、気に入ったエプロンを買うためだけに、名古屋から下北沢まで行きました。
エプロンの値段は2500円程度でしたが。
で、使った糸が白一色で、2玉ほどしか使っていないので、そのものの代金は320円くらいでしたが、
イスタンブールから空輸便で取り寄せたので3000円くらいかかりました。
合計すると。。。考えたくないです

1 件の返信 最終返信:一週間以上前
てといと
一週間以上

ゆちぞぅさん、コメントありがとうございます。
た、確かに計算するのが怖くなりますね!
でも、公開されているエプロン作品は本当に豪華で、印象的な作品ですね。
好きなもので作るワクワクする時間は、なにものにも代えがたい!と
時に自分に言い聞かせています。

てといとさんの他の作品