てといとSTYLEクリエイター

帽子あつらえるならカンガエル帽子店。 東京都府中市にてひっそりニコニコ営業中。

カンガエル帽子店
カンガエル帽子店

コツコツ蒐集した木型と100年前のミシンを使用して、伝統的な帽子づくりをしています。
ちょっと面白い気分になるけれども、生活から浮かない帽子を目指しています。
カンガエル帽子店 店主/小林 文

Profileプロフィール

  • 主な活動

    ----------------------
    東京都府中市で、まちの仕立て屋さんならぬ、まちの帽子屋さんをしています。お客様とお話ししていると、それぞれの方の求める「美しさ」の多様性にハッとさせられることがあります。そんなお客様の「顔」を邪魔せず、引き立てることのできる帽子が理想かな、と日々精進しています。


  • 帽子をつくり始めたきっかけ

    もともと大の映画好きで、古今東西の映画を見ては「ああ、あんな帽子かぶってみたいなあ」と憧れを募らせていました。しかし、街ではなかなか自分の求めるものが見つけられず、自分でつくるように。オードリーヘップバーンの空中庭園のような帽子から、ラストエンペラーの小籠包のような帽子まで、頭の上って本当に自由だな、と感じます。洋服に比べると制約が少なく伸び伸び制作できるところが性に合っているのか、きっちりした帽子⇄アヴァンギャルドな帽子の間をいったり来たりしています。

  • 失われた(理想の)麦わら帽子を求めて

    西条八十の詩ではありませんが、誰しも心に残る帽子が一つあるのでは?私は、小学生の時に母の郷里に向かう電車の中で何となく解けていた麦わら帽子の糸を引っ張り、スルスルと解体してしまったことがあります。お気に入りの帽子だったのに、、、その時の甘い感傷がなぜかなかなか良い思い出になっています。天然素材の麦わら帽子は飴色にやけた分しっとりとしなやかになり、丈夫で長持ちする帽子なのに、一度糸が解けたらあっという間に崩れてしまうという不安定さも持ち合わせていて、永遠にアンビバレンツな存在。毎年毎年、理想の麦わら帽子を求めてしまいます。

  • これからの目標や夢

    やりたいことはたくさんあるのですが、同時に「身近な生活の中にある帽子やさん」という基本的なスタンスは変えず、地域に根付いたお店として、ひとりひとりのお客様と対話しながら、地道に私らしくやっていきたいと思っています。

カンガエル帽子店

カンガエル帽子店

Creation & ServiceSTYLE 情報

イベント

カンガエル帽子店

セール準備中
開催準備中
  • 開催場所 カンガエル帽子店
  • 受注販売

糸と△洋裁店エプロン販売会は4月23日(土)〜24日(日)に変更と

「てといと」でインタビューも掲載されている「糸と△洋裁店」さんがカンガエル帽子店でエプロン販売会をします。よしださんのエプロンは店主も大ファンで、着用するたび色々な店で感心してしまいます。当日は店主もおりますので、気軽に遊びに来てください。
開催時間は10時から16時です。 → 【延期のお知らせ】
3月26日(土)から28日(月)に開催予定していました
「エプロン販売会」ですが、主催に体調不良者が発生しましたので
コロナ感染症拡大防止の観点から、4月23日(土)〜24日(日)
の日程に延期になりました。
楽しみにしてくださっていた皆様、直前に本当に申し訳ありません!!

もっと見る

こんな出品です

普段「カンガエル帽子店」として営業している店舗を「糸と△洋裁店」さんに3日間ジャックしてもらいます。→カンガエル帽子店に集うさまざまな方が
積極的に宣伝してくれたお陰で
お問い合わせなど沢山の反応をいただき、「フライングして来ちゃったわ」
なんてお客様もいらして、私自身とてもとても楽しみにしていたので残念極まりないのですが、「糸と△洋裁店」さんとも話し合った結果、
やはり万全の状態で迎える方が良いねということで、このような結論に至りました。
勝手ばかり言って恐縮ですが、よろしければ4月に、、、来ていただければ、お会いできれば!!! 
と祈るような気持ちでおります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ここに、こだわっています

受注販売ございます。
着丈やポケットなど、あなたのこだわりをよしださんにぶつけてみてください。帽子ももちろんございます。

  • フライヤーです。
  • わーい、こんにちは。
  • 帽子とエプロンはよく合う
  • 色々な生地

申し込みはこちら

QA質問広場

このクリエイターに質問する